top of page

M&Aの一般的な取引終了までの流れ

アンカー 2

​   案件化に向けた共同作業  

​①

個別相談により、売主様、買主様、双方から​M&Aについてのニーズ取引に当たり重視すること等をヒアリングし、対象や条件を具体的にします。

​その後当事務所との間でアドバイザリー契約を締結します。

 売手企業の作業 

決算書他必要な資料を当事務所に提出

当事務所はノンネームシート※1、企業概要書

作成します

​②
 買手企業の作業 
​③

​ノンネームシートの受領

​秘密保持契約の締結​

※ノンネームシート    
 ノンネームシートとは買手候補先との間で、秘密保持契約を締結する前の段階で買手に提示する簡易な資料で、会社が特定されないように地域、事業内容、売り規模、
売却希望理由など概要を匿名でまとめたものです。​ それに対して、企業概要書とは企業行政期の推移や株式評価の他、業界動向や社員情報を含めた詳細の資料で買手
の意思決定の基になる資料で
す。

​④

買主に企業概要書を提出の可否を確認をします(ネームクリアといいます)​

​⑤

企業概要書の受領​

条件面の具体的な検討、入札の場合意向表明書の提出などの意思表示を行います​

アンカー 1
アンカー 3
​⑥

トップ面談(面談は一度ではなく数度行うこともあります)

​ お互いに相手先の企業風土や経営方針について理解します

契約金額、日程他重要事項についての合意

基本合意契約書の締結

デューデリジェンス(買収監査)

財務、法務、業務等について公認会計士、弁護士等による監査を行います

最終契約の締結

クロージング

会社資産の引き渡しと決済

​⑧
​⑨
​⑩
bottom of page